なぜ「4-3-3」で戦い切らなかったのか?…川崎戦で見えた「ガンバが優勝するためにやるべき」1つのこと

ゼロックス杯のガンバ大阪は、川崎フロンターレ相手に、今シーズンのキャンプから取り入れた4-3-3の新システムで挑んだ。

新生ガンバは「タフなチーム」に見えたが……

当初の狙いから外れ「堅守速攻型」になった昨シーズン

川崎もマリノスも「耐える時間」を乗り越えている

ブレずにやり続けた先に“ガンバのスタイル”がある

リンク元